記事一覧

volvo 新型「V60」

こんにちは、岡野保次郎です。今回はvolvoの新型V60について詳しくご紹介していきます。特徴を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

volvoのステーションワゴンであるV60の新型が、今年9月25日に発売されました。近未来型のようなスタイリッシュな外装が印象的で、volvoの伝統的な細長いテールランプはそのままになっています。安定したパワーと乗り心地の良さもそのままにさらに快適になったV60は、発売開始から注目され、話題になっています。

新型V60の特徴

新型のV60はガソリンモデルに新たにPHEVモデルを加え、正面衝突防止軽減の自動ブレーキ機能も搭載しているのが特徴です。先進のガソリンエンジンと、プラグインハイブリッドのT8・T6TwinEngineがあります。これらのモデルは、電力のみによる走行となるため、排出ガスを発生しません。少しの燃料消費で遠くへ行くことも可能なため、燃費の良さも魅力と言えるでしょう。

外装は冒頭でも述べた通りスタイリッシュで親しみやすい印象があります。内装は、ブスイッチ類が非常に少なくシンプルで、上質なインテリアデザインが特徴と言えます。上級モデルにも見劣りしないインテリアと言われており、人気要素の1つになる可能性が高いです。
大型のセンターコンソールパネルやダッシュボードにツイッター投稿搭載など、こだわりも多く感じられます。

車体は全長4761mm、ホイールベースが2872mmというように、以前のモデルと比べると全体的にやや大き目になっています。

予防安全装備

予防安全装備としては、インテリセーフとパイロットアシストが挙げられます。どちらも新型XC60と同様に採用されており、インテリセーフは16以上の先進安全運転支援機能が特徴で、安全で快適な運転を実現できます。

また、パイロットアシストはステアリング維持や操作アシスト機能搭載により、渋滞中でも車線や車間距離などの維持が簡単にできるようになっているのです。volvoは安全性の高さが魅力のメーカーでもあり、新型V60に関しても高い性能が期待できるでしょう。

まとめ

ここでは、volvoの新型V60についてご紹介してきました。予防安全装備と自動運転機能が新たに加えられたV60は、ステアリングやエクステリア、インテリアなど随所にこだわりが感じられる車になっています。十分なパワーでありながら、快適な乗り心地も特徴で、長距離運転も苦を感じないとされています。安全性の高い車を提供し続けているvolvoは、V60発売でさらに注目されていくに違いありません。新型V60が気になるという方は、実際に試乗してチェックしてみてはいかがでしょうか。