記事一覧

岡野保次郎、一押しの新型「インプレッサ」2019年型

こんにちは、岡野保次郎です。今回は「インプレッサ」2019年モデルをご紹介します。魅力的な機能が多数搭載されているスバルの「インプレッサ」が、新モデルを発表しました。スバルの中でも圧倒的人気を誇るインプレッサですが、2019年モデルはどのような仕様になっているのでしょうか。

新型インプレッサ2019年モデルの概要

米国法人のスバルオブアメリカは2018年7月6日、2019年モデルの改良新型インプレッサを公開しました。2018年の夏にはアメリアのディーラーですでに販売が開始されていますが、グレードについては以下の4種類がラインナップされています。

  • 2.0i
  • Premium
  • Sport
  • Limited

車両のタイプはセダンとハッチバックの2種類で、シンメトリカル四輪駆動が標準装備されています。一方、SportとLimitedの車両タイプにはLineartronicのCVTが標準搭載されています。前モデルよりも価格は高額になりますが、標準装備や機能性を合わせると優秀なコストパフォーマンスになるでしょう。

最新アイサイト搭載で運転サポートがより進化

2019年モデルでは最新のアイサイトを設定し、ベースグレードを含めCVT車など全てのグレードを選択できるようになっています。スバルのアイサイトは、これまでの性能をさらに進化させた運転サポートシステムです。ステレオカメラによって実現させた5つの機能で、基本性能の向上や新機能追加で運転領域がより広くなりました。

アイサイトはフロントガラス上部に2箇所カメラを搭載し、ステレオ画像を処理しながら前方の走行車や障害物、車線などの物体を認識する仕組みになっています。もちろん歩行者も検知されるため、事故や衝突を軽減・回避できる可能性が高くなります。特定の状況下によっては、完全に車両を停止させ衝突を回避できる機能もあります。

上級グレードには自動ブレーキを装備

新型インプレッサの上級グレードには、後退時でも作動する自動ブレーキが搭載されています。障害物を検知すると警報音や警告表示などのブレーキ制御機能が作動し、バック時の衝突を避けることができます。ステアリングラインディスプレイが付いたリアビジョンカメラで、区画線と先行者のどちらも認識することが可能です。渋滞や高速巡航まで様々なシーンに見られる運転不可を軽減させることができるでしょう。

まとめ

インプレッサの前モデルでは車体前後のパーツを補強するなど、ボディの剛性をアップさせ、走行性能も進化させましたが、2019年の最新モデルでは機能性をより充実させ運転時や乗降時の利便性を高めました。また、全車両にタイヤ4本の空気圧を表示させるTPMSまで装備されていることから、日本のお披露目では、注目を浴びることになるでしょう。