記事一覧

岡野保次郎おすすめ!マイナーチェンジした 4代目プリウス

こんにちは、岡野保次郎です。今回はマイナーチェンジされた4代目「プリウス」です。トヨタのプリウスと言うと、国内で圧倒的な人気と売れ行きを誇る車種です。近年では、軽自動車やコンパクトカーが注目を集めていますが、プリウスは変わらず人気が高いのが特徴です。

そんな人気車であるプリウスが、2018年12月17日にマイナーチェンジを発表しています。ここでは、マイナーチェンジでどのような変化があったのか、ご紹介していきましょう。

4代目プリウスは売れ行きが伸び悩む

プリウスは、3ナンバー車では登録台数が最も多いと言われています。しかし、2015年に発売された4代目は1ヶ月の平均登録台数が約9000台となりました。3代目は1ヶ月平均が約20,000台だったため、それに比べると売れ行きが伸び悩んでいます。

今回伸び悩んでしまった理由は、外観のデザイン性が不評だったためだと言われています。
4代目プリウスのデザインは、フロントマスクが鋭角的な形状で、ヘッドランプから涙を流した表情が特徴です。

テールランプはS字を描く縦長のブーメラン形状となっており、フロントマスク同様不評となってしまいました。従来モデルのオーナーからもデザインが残念という意見が多く、好んでもらえるようなデザインにしなければならないとしてデザイン性を追求したようです。

マイナーチェンジで何が変わった?

2018年12月に発表された新型プリウスは、外観や内装が一新され、比較的規模の大きいマイナーチェンジとなりました。外観は、不評だったヘッドランプ周辺を変更し、LEDランプを大きく見せて涙を流したような形状を改善しています。

テールランプも上下に流れるような形状になり、印象が大きく変わっています。全長・全幅・全高は4575・4760・1470mmとなり、全長が35mm長くなりましたが、ホイールベースは変化していません。

しかし、ヘッドライトやテールランプが変更されたことでワイドになったように感じさせます。内装はインパネ・フロントコンソールトレイが質感の高いブラックの装飾になっています。トレイの「おくだけ充電」は大型スマートフォンに対応しており、使い勝手も良くなっています。また、シートベンチレーションの採用や全車にDCM(専用通信機)が標準装備されています。

DCMではTコネクトサービスを3年間無料で受けられるほか、専用オペレーターのサービスも利用可能です。安全装備も充実しており、事故の際には消防や警察に自動的に取り次いでくれる機能が装備されました。先進安全装備では、後退時に左右方向から接近する車両を警報するシステムが加わりました。

ボディカラーやスペックについて

マイナーチェンジした新型プリウスのボディカラー、ホワイト・ホワイトパール・シルバー・ブロンドメタリック・グレー・ブラック・ブルー・レッド・ライムグリーンの9種類です。価格はSグレードが256万5000円、Aグレードは284万2560円となっており、4代目よりも上昇しています。

しかし、SグレードにおいてもトヨタのセーフティセンスとDCMを標準装備しているので、実質的に安くなっていると言えるでしょう。グレードはE・S・A・Aプレミアムがあり、S・A・Aプレミアムはそれぞれツーリングセレクションがあります。下記は、プリウスの主なスペックです。

  • ホイールベース:2700mm
  • 排気量:1797cc
  • エンジン最高出力:72kW/5200rpm
  • エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgm)/3600rpm
  • モーター最高出力:前53kW(72ps)、後5.3kW(7.2ps)
  • モーター最大トルク:前163N・m(16.6kgm)、後55N・m(5.5kgm)
  • トランスミッション:電気式無段変速機
  • JC08モード燃費:S・A・Aプレミアム…37.2km/L(E-Four:34.4km/L)、E…39.0km/L

まとめ

今回は、2018年12月に発表した新型プリウスについてご紹介してきました。4代目プリウスはデザイン性が指摘され登録台数が伸び悩みましたが、今回のマイナーチェンジでどのように変化するのでしょうか。試乗して、実際に変化を確かめてみても良いでしょう。